乾癬ノート

薬を使わず乾癬と付き合う。いろいろ試したことを記録します。

【乾癬】久しぶりの投稿

かなりお久しぶりの投稿。乾癬のことを忘れるぐらい調子が良く、、、なったわけではありません。その逆。悪化しました。もう次のアクションを起こさねばと思い、病院に行ってきました。でも、行ったのは皮膚科ではありません。漢方を処方してもらえる病院です。

 

以前から「漢方」というのは頭のどこかに一つの選択肢としてあったのですが、「高い」とか「自分に合う漢方が見つかるまで時間がかかる」なんてことをイメージしていたので行く気になれませんでした。そして、勝手なイメージで、漢方は漢方を売っている薬局に行って買うもんだと思ってましたが、調べてみると病院で先生に見てもらって処方してもらえるんですね。色々調べている中で、そういう病院の存在を知ることができました。

 

行くきっかけになったのはこちらのブログを見たからです。

札幌で漢方治療:リバーサイド漢方医学研究所 - 札幌で漢方:ごう内科クリニック付属リバーサイド漢方医学研究所

 

実際に乾癬の患者を見た先生が、どのような患者さんに、どのように漢方を処方し、寛解にまで至ったかが「漢方物語」に書いてます。表面的な言葉ではなく、先生自身の体験、実績としてリアルな言葉で書かれているところがとても信頼できます。

「この人がこの漢方で治ったなら、自分で買って試してみようかな」って、一瞬頭をよぎったのですが、同じ「尋常性乾癬」だとしても処方する漢方は違うのです。どのような「証」が出ているかから、処方する漢方を導き出します。これはすぐにでも見てもらわなきゃ!と思い、早速行ってきました。

 

先生とのやりとりは聞いたことのない漢字や五文字熟語だらけで忘れてしまいましたが、、、私が処方されたのは、十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ TY-60)と、桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ TY-34)の2種類。これを飲んでどのように体が変化していくのか。様子をみます。その経過をログとして残すために、数ヶ月ぶりのブログを再開しました。

 

これで治れば、「乾癬が漢方で治った!」と声高々に言いたい。そして、乾癬で同じように悩んでいる人に伝えたい。実際寛解している人がいるのだから、自分も十分にその可能性がある。どれくらい時間がかかるかわかないけど、漢方で寛解すると信じてます。(←この気持ちが大事だと思う)

【乾癬】やっぱり大事かも睡眠

なかなか状態が良くならない。最近は足、腰、背中、お腹、そして顔にまで症状が出てきている。

振り返ってみると、ここ数ヶ月をかけて少しずつ就寝時間が遅くなっている。だいたい0時前に就寝、そして7時ごろになんとか布団から出るようなサイクル。調子のいい時は22時半には就寝、朝は6時か6時半ごろ起床だったなぁ。

改めて、睡眠第一で生活を見直してみよう。

【乾癬】サプリに頼る

まだまだ調子が戻らない。だいぶ仕事の山は越えたので、あとはしっかり睡眠時間を確保できれば、、、という気もするが、ここ最近どうも顔や髪の毛の生え際からポロポロと皮がむけてきになる。どうにかしたい、、、

 

というわけで、乳酸菌のサプリを購入。今日から試す。効果が出たらどこのサプリかをお伝えします。実は昨年グルテンフリーをやり始めたころに一度サプリを試してました。2週間ぐらい経った頃から変化を実感。でも、あまり薬的なものには頼りたくない。そんな思いから、出来るだけ普段の食生活や睡眠時間などの生活習慣から改善していこうと方針を固めました。

 

とは言うものの、背に腹は変えられない今の体の状態。早く気にならない状態になることを祈ります。

【乾癬】お付き合いはまだ続く

しばらくぶりの投稿です。

 

仕事が忙しくなり、それに比例して乾癬の状況が悪化。食生活は変わらず緩いグルテンフリーを続けているものの、やはり睡眠や運動、ストレスなど様々な要因が今の自分の身体を作っているんだなと実感。これらの全てがバランス良くならないと乾癬は良くならないということですね。

 

仕事の繁忙期をどうにかするにも限界があり、その分睡眠時間が削られたり、早めに寝るようにしても良質な睡眠が取れなかったりしています。ちなみに、朝と夜のヨガは細く長く続けております。

 

改めて、調子が良かった頃の自分を思い出して、生活リズムを見直していこうと思います。

【乾癬】ここ最近の状況

またまた久しぶりの投稿。

あまり乾癬のことを気にしなくてもいいぐらい、体の状況は一時期に比べて良くなりました。

 

鱗屑がボロボロ剥がれたりすることもありませんが、睡眠不足や仕事のストレスで甘いものを食べてしまったときなどは症状が出てきます。それでも腰のあたりや、腕のあたりに部分的に出るぐらい。山を越えれば無くなる程度です。

 

今は「乾癬を治す」というよりも「健康的な生活を送る」ということに意識を向けております。食、運動、睡眠のバランスがとれていれば、集中力が増したり、朝スッキリ起きれたり、深く呼吸できていることを感じることができます。健やかな生活を送りたいと思っているだけで、乾癬は影を潜めます。

 

一度完全に治ったと言えるほどキレイになりましたが、一年前は仕事が忙しくなったり人間関係に悩んだりして生活が乱れて、その結果乾癬の症状がまた悪化してしまいました。

 

それからグルテンフリーを始めてもう少しで一年、見違えるほどに改善しました。完治はできないのでこれからずっとこの病気とお付き合いすることにはなるのですが、いまのところ症状が出ないように自分自身でコントロールできていると言える状況です。病院に行くこともありませんし、薬に頼ることはありません。サプリメントも不要です。大事なのは「取り入れる」のではなく、不要なものを「摂取しない」ことです。

 

このブログを読んでいる方の中にも同じように乾癬で悩んでいる方がたくさんいらっしゃると思います。僕が自分自身の体で実証した体験談を参考にしていただけると幸いです。

【乾癬】ストレスとの付き合い方〈後編〉

ストレスとの付き合い方の後編です。

(だいぶ間が空いてしまってすみません・・・)

 

前編ではストレスが体に対してどのような影響を及ぼすかについて触れました。ストレスが直接体に影響を及ぼすのではなく、ストレスを発散するためのに起こす行動が、体に影響を及ぼします。その方法が人によって違いますし、体にどのような影響を及ぼすかも十人十色。原因が人によって違うだけに、乾癬に対する画期的な治療法が見つかっていないのだと思います。

 

しかし、私の経験上、その原因となる精神的なストレスを軽減することができれば、発散するための行動を起こす必要もなくなりますので、体への影響も減らすことができます。言葉にしてしまうと単純ですが、ストレス社会と言われる昨今、簡単にストレスから逃れることはできません。どうやって付き合っていくかということを考えていくべきです。

 

雑誌や本を読んでいく中で見つけた言葉がありました。

 

「マインドフルネス」

 

これは、「今ここに集中しろ!」というような意味です。ただぼんやりと無自覚に考え事をしている時って、過去の失敗したことや、未来の心配事などに対して必要以上に思いを巡らせていることが多いと思います。「今」に集中できていないんです。一日の半分近くを、この無自覚状態で過ごしており、それがストレスの原因になっているんだそうです。

 

マインドフルネスとは、つまり「瞑想」のこと。瞑想というと過去の固定観念から宗教的なイメージを持たれることが多いかもしれませんが、「マインドフルネス」というと耳触りがいいというか、比較的新しい言葉なので入り込みやすいですよね。

 

詳しい話は下記の書籍をご覧になっていただければと思いますが、私が実践しているのは、ただ寝る前に布団の上に座って、軽く目を瞑り、全身の筋肉の力を抜き、呼吸だけに意識を集中させることです。それまで色々頭の中を巡っていたことを全て頭から追い出して、意識の中に「余白」を作ります。寝つきもいいですし、睡眠の質も上がった気がします。

 

それによって、頭の中を駆け巡っていた不安や焦り、人間関係での嫌な思いなど、そういったネガティブ要素から距離をおくことができます。ネガティブな思いは頭の中を何回も駆け巡った分だけ、精神的なダメージを与えますので、そういった無駄な思考回路を断つことが出来ます。

 

寝る前だけじゃなくても、頭の中をいろんな思考がぐるぐる回っているときが良くあるので、そういうときこそ、体の力を抜いて、ゆっくりと呼吸をして、頭をスッキリ整理させます。それから、今ここに集中します。

 

「1分間瞑想法」著/吉田昌生

https://www.amazon.co.jp/dp/B01M660W0C/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

色々ある瞑想の本の中でも、瞑想の方法はもちろんのこと、瞑想の効果や必要性についてバランスよくまとめられている本なのでおすすめです。

 

「SLEEP 最高の脳と身体を作る睡眠の技術」著/ショーン・スティーブンソン

Amazon CAPTCHA

こちらの本が、瞑想の本を買うきっかけとなった本。睡眠の質を上げることは乾癬の状態を良くするためには必須ですし、CAPTER16の「睡眠のためのマインドフルネス入門」は瞑想を始める前に読むと呼吸の大切さがわかります。

 

 

【乾癬】ストレスとの付き合い方〈前編〉

乾癬の原因はさまざまな要因が複合的に絡み合っています。

 

これまでは食べ物、睡眠時間、運動という面で乾癬をどう改善させるかということを書いてきましたが、もう一つ大きな要因として「ストレス」があります。

 

今の職場は過去に働いていた会社よりも就労環境が良く、比較的健康的な生活が送れています。それでも、仕事が重なったり、嫌なことがあったりすれば、それがストレスとして心にのしかかります。

 

そして、それは心から体へと影響していきます。緊張したり、心配事を抱えたりしていれば、気づかぬうちに肩に力が入っていたり、呼吸が浅くなってたりすることがありますよね。休む暇もなく長時間そうしていれば、当然身体に影響が出ます。自分の過去を振り返ると、影響が出てるのかどうかさえもわからなくなるぐらい(どうでもよくなるぐらい?)感覚が麻痺していることもありました。

 

それが身体へどう影響するかは人によって違いますが、私のように乾癬になってしまった人の場合は、そういう体質になってしまったと思い、今後長い付き合いをしていく他ありません。

 

どんなに食事や睡眠、運動などの生活習慣に気をつけていても、それとは関係のないところで精神的なダメージを受け、簡単に生活習慣のバランスが崩れてしまう恐れがあります。

 

ここ最近、私の生活習慣が保たれているのは、たまたま今現在精神的に安定しているだけのこと。精神の乱れは生活の乱れへと簡単に影響してしまいます。実際、ストレスで無性に甘いものが食べたくなったり、遅い時間に満腹になるまで食べたり、それが原因で寝付けなかったり、そんなことがたまにあります。

 

それでも、自分自身を取り戻して生活をリセットすることが、ここ最近できるようになりました。といっても特別な方法ではありません。もったいぶるわけではありませんが、ちょっと長くなってしまいそうなので、次回へと続きます。。。