乾癬ノート

薬を使わず乾癬と付き合う。いろいろ試したことを記録します。

【乾癬】検査します

そろそろ真剣に自分の身体と向き合わなきゃいけないかなと思い、検査をすることにしました。

今までは色々な人の情報を収集して、乾癬が寛解したという人のやり方を試してみる、でも自分には合わなかった、ということの繰り返しだった。原因も様々なのだから、治り方も人それぞれ。「●●で治りました」というのはとても怪しくて、実はいろんなことが複合的に絡み合って結果的に寛解しただけであったりする。それひとつだけやってみて治るのであれば、こんなに苦しむ人はいないはずだ。

乾癬に限らず、これからは予防医療が中心となる。症状が出てからの治療ではなく、病気になるその前に兆候を知って対処する。今は遺伝子検査が保険適用外で高額であるが故に一般的ではないが、医療費の負担率が今後上がっていくことを考えると、その必要性が見直されることになるだろう。

乾癬の話に戻そう。もうすでに乾癬になってしまった私は、まずは自分の身体を色んな角度から検査してみようと思う。そして、身体に合わないものを摂らないようにしたり、溜まった毒をデトックスしたりという生活をしてみようと思う。

まずは「有害ミネラル検査」という身体の中に溜まった有害なミネラルがどれだけ蓄積されているかを測定する。有害な重金属を排出することで乾癬が治ったケースもあるんだそうです。初診料含めて1万円弱でした。結果は約一ヶ月後。

そして、引き続きIgG検査というのも来月やります。これは遅延型フードアレルギー検査というもので、要は身体に合わない食べ物が何なのかを調べる検査。体調が悪い原因が、1〜2日前に食べたものが原因だとしたら?何が原因なのか特定するのは大変ですよね。そういうことを調べます。結果によって、身体に合わない食べ物を避ける食生活を試して、乾癬の状態をみようと思ってます。