乾癬ノート

薬を使わず乾癬と付き合う。いろいろ試したことを記録します。

【乾癬】寛解した模様

YouTubeはじめました

しばらくぶりの投稿。もう半年近く放置してしまいました・・・。前回の投稿が遅延型フードアレルギーの検査をしますっていう内容でしたが、その後、色々とありまして結果的に寛解した模様です。具体的に何をしたかについてはYouTubeにてまとめておりますのでそちらをご覧いただければと思います。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

乾癬は腸の病気

まず今目の前に乾癬で悩んでいる人がいたら伝えたいことは「乾癬は腸の病気」ということ。腸内環境を良くすることで必ず何かしらの変化はあります。良い病院や効く薬を探すのではなく、まずは自分の身体を知ることから始めるのが良いと思います。

皮膚に出ている乾癬の症状は最終的な結果であって、原因ではありません。外的な要因があっての外的な処置であればわかりますが、アトピーにしても乾癬にしても皮膚の病気というのは身体の内側に原因があることは明白です。

参考までに、自分が寛解して感じたこととすごく共感できる動画がありましたのでこちらも是非参考にしていただきたいです。

 

www.youtube.com

 

乾癬の症状を放火魔と火事に例えられています。火事の消火に躍起になるのではなく、まずは放火魔を捕まえなければどんな消火設備があってもその戦いは永遠に続きます。良い病院やいい薬を探すことは、火事をどうやって消すかを考えているようなものです。まず必要なのは放火魔を捕まえること。つまりは腸内環境を改善することです。

 

腸内環境が良くない状態だと、身体に取り入れた食べ物をうまく分解、排泄することができず、体内に蓄積されて、それが皮膚の症状として現れてしまいます。この動画で和田先生は、5〜10年という時間を経て腸が汚れてそれが皮膚に現れるとおっしゃっています。ある日突然、偶然にも運が悪く乾癬になるわけではないのです。思い当たる節があるのは私だけではないはずです。 

「食べ物」は手段であって、目的は「腸内環境改善」

乾癬だとわかってからの最初の数年はいろんな病院に行き、いろんな薬を飲み、そして治験までやりました。しかし一向に良くならない理由は薄々気づいていました。問題は身体の内側にあると。それから病院に通うのをやめました。

私たちの身体は食べ物からできています。だから最初は食べ物に問題があると思っていました。何か特定のものに反応しているかもしれない。何かの栄養素が極端に足りてないのかもしれない。おそらく「食事療法を試してみたけどダメだった」という方も似たような考えだと思います。過去に私がやっていたような「グルテンを抜けば治るかもしれない」といったケースです。しかしフォーカスするのは食べ物ではなく「腸内環境」だったのです。

 

「食べ物に問題がある」というのと「腸内環境に問題がある」というのは似ているようで違います。腸内環境を改善するために、普段の食事を見直すことが必要です。甘いものの摂取をやめる。ジャンクフードや加工食品を避ける。水をたくさん飲む。先述の和田先生も「食べ物だけで治る」と言っていますが、まさにその通りかと思います。薬は無くても乾癬を寛解することは可能です。

 乾癬の方へ

乾癬に苦しみ、悩み、色々試した結果どれも変化がみられない。そんな状況を私は何年間も経験してきました。ひどい時はほぼ全身までに広がり、服を脱げば鱗屑がボロボロと剥がれ落ち、それをコロコロで拾い集める。それがストレスとなり、ストレスを発散するために食べたいものを食べたり夜更かししてしまうという負のスパイラル・・・。そんな時期もありました。これを読んでいる方もこれに近い体験をしているか、もしくはその方のご家族だったりするのでしょうか。

私がこれまでやってきたこと、感じたことを情報発信することで、少しでも乾癬で悩む人が減ったら良いなと思っています。不定期になってしまいますが、ブログでも動画でも情報発信していく予定です(ブログと動画の棲み分けがうまくできてないので、今後どのようにまとめていくか模索中です)。

 

【乾癬】検査します

そろそろ真剣に自分の身体と向き合わなきゃいけないかなと思い、検査をすることにしました。

今までは色々な人の情報を収集して、乾癬が寛解したという人のやり方を試してみる、でも自分には合わなかった、ということの繰り返しだった。原因も様々なのだから、治り方も人それぞれ。「●●で治りました」というのはとても怪しくて、実はいろんなことが複合的に絡み合って結果的に寛解しただけであったりする。それひとつだけやってみて治るのであれば、こんなに苦しむ人はいないはずだ。

乾癬に限らず、これからは予防医療が中心となる。症状が出てからの治療ではなく、病気になるその前に兆候を知って対処する。今は遺伝子検査が保険適用外で高額であるが故に一般的ではないが、医療費の負担率が今後上がっていくことを考えると、その必要性が見直されることになるだろう。

乾癬の話に戻そう。もうすでに乾癬になってしまった私は、まずは自分の身体を色んな角度から検査してみようと思う。そして、身体に合わないものを摂らないようにしたり、溜まった毒をデトックスしたりという生活をしてみようと思う。

まずは「有害ミネラル検査」という身体の中に溜まった有害なミネラルがどれだけ蓄積されているかを測定する。有害な重金属を排出することで乾癬が治ったケースもあるんだそうです。初診料含めて1万円弱でした。結果は約一ヶ月後。

そして、引き続きIgG検査というのも来月やります。これは遅延型フードアレルギー検査というもので、要は身体に合わない食べ物が何なのかを調べる検査。体調が悪い原因が、1〜2日前に食べたものが原因だとしたら?何が原因なのか特定するのは大変ですよね。そういうことを調べます。結果によって、身体に合わない食べ物を避ける食生活を試して、乾癬の状態をみようと思ってます。

【乾癬】しばらくぶりの

いつぶりの投稿かわからないくらい久しぶり。

一時期に比べればだいぶ良くはなったのですが、寛解したわけではなく、腹部の一部、そして首周りや腰回りで一部乾癬が出ていることが確認できます。しかし、生活して行く中で気になるほどではなくなり、床にポロポロ自分の皮が落ちて、、、ということもほとんどなくなりました。睡眠時間がちゃんと取れているのもあると思います。

しかし、これだけ安定した生活をしているにもかかわらず、まだ少し乾癬が残っているというのも、不思議。気にならなくなった分、食生活もそんなにストイックにならなくなりました。あれだけやっていたグルテンフリー生活もだいぶゆるくなり、週に1、2回程度はパンを食することが普通になりました。

生活する上で気になるほどではなくなったにせよ、やはり首や顔の一部など、見える部分に出てくるのはどうにかしたい。もう一度生活を見直すべきか、、、なんて事をちょっと考えてます。

【乾癬】久しぶりの投稿

かなりお久しぶりの投稿。乾癬のことを忘れるぐらい調子が良く、、、なったわけではありません。その逆。悪化しました。もう次のアクションを起こさねばと思い、病院に行ってきました。でも、行ったのは皮膚科ではありません。漢方を処方してもらえる病院です。

 

以前から「漢方」というのは頭のどこかに一つの選択肢としてあったのですが、「高い」とか「自分に合う漢方が見つかるまで時間がかかる」なんてことをイメージしていたので行く気になれませんでした。そして、勝手なイメージで、漢方は漢方を売っている薬局に行って買うもんだと思ってましたが、調べてみると病院で先生に見てもらって処方してもらえるんですね。色々調べている中で、そういう病院の存在を知ることができました。

 

行くきっかけになったのはこちらのブログを見たからです。

札幌で漢方治療:リバーサイド漢方医学研究所 - 札幌で漢方:ごう内科クリニック付属リバーサイド漢方医学研究所

 

実際に乾癬の患者を見た先生が、どのような患者さんに、どのように漢方を処方し、寛解にまで至ったかが「漢方物語」に書いてます。表面的な言葉ではなく、先生自身の体験、実績としてリアルな言葉で書かれているところがとても信頼できます。

「この人がこの漢方で治ったなら、自分で買って試してみようかな」って、一瞬頭をよぎったのですが、同じ「尋常性乾癬」だとしても処方する漢方は違うのです。どのような「証」が出ているかから、処方する漢方を導き出します。これはすぐにでも見てもらわなきゃ!と思い、早速行ってきました。

 

先生とのやりとりは聞いたことのない漢字や五文字熟語だらけで忘れてしまいましたが、、、私が処方されたのは、十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ TY-60)と、桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ TY-34)の2種類。これを飲んでどのように体が変化していくのか。様子をみます。その経過をログとして残すために、数ヶ月ぶりのブログを再開しました。

 

これで治れば、「乾癬が漢方で治った!」と声高々に言いたい。そして、乾癬で同じように悩んでいる人に伝えたい。実際寛解している人がいるのだから、自分も十分にその可能性がある。どれくらい時間がかかるかわかないけど、漢方で寛解すると信じてます。(←この気持ちが大事だと思う)

【乾癬】やっぱり大事かも睡眠

なかなか状態が良くならない。最近は足、腰、背中、お腹、そして顔にまで症状が出てきている。

振り返ってみると、ここ数ヶ月をかけて少しずつ就寝時間が遅くなっている。だいたい0時前に就寝、そして7時ごろになんとか布団から出るようなサイクル。調子のいい時は22時半には就寝、朝は6時か6時半ごろ起床だったなぁ。

改めて、睡眠第一で生活を見直してみよう。

【乾癬】サプリに頼る

まだまだ調子が戻らない。だいぶ仕事の山は越えたので、あとはしっかり睡眠時間を確保できれば、、、という気もするが、ここ最近どうも顔や髪の毛の生え際からポロポロと皮がむけてきになる。どうにかしたい、、、

 

というわけで、乳酸菌のサプリを購入。今日から試す。効果が出たらどこのサプリかをお伝えします。実は昨年グルテンフリーをやり始めたころに一度サプリを試してました。2週間ぐらい経った頃から変化を実感。でも、あまり薬的なものには頼りたくない。そんな思いから、出来るだけ普段の食生活や睡眠時間などの生活習慣から改善していこうと方針を固めました。

 

とは言うものの、背に腹は変えられない今の体の状態。早く気にならない状態になることを祈ります。

【乾癬】お付き合いはまだ続く

しばらくぶりの投稿です。

 

仕事が忙しくなり、それに比例して乾癬の状況が悪化。食生活は変わらず緩いグルテンフリーを続けているものの、やはり睡眠や運動、ストレスなど様々な要因が今の自分の身体を作っているんだなと実感。これらの全てがバランス良くならないと乾癬は良くならないということですね。

 

仕事の繁忙期をどうにかするにも限界があり、その分睡眠時間が削られたり、早めに寝るようにしても良質な睡眠が取れなかったりしています。ちなみに、朝と夜のヨガは細く長く続けております。

 

改めて、調子が良かった頃の自分を思い出して、生活リズムを見直していこうと思います。