乾癬ノート

乾癬を治したい。いろいろ試したことを記録します。

乾癬と睡眠

健康にいいものを食べたり、運動したり、新しいことを取り入れるのはいいことだけど、まずは基本的な生活習慣の見直し。

 

しっかり質のいい睡眠をとり、体が本来持っている自然治癒力を最大限発揮できるようになること。

 

幸いにも今の自分の就労環境で、それは無理なことではない。「身体のために早く寝る」という意識があればできる。コストもかからず、確実に改善に向かう習慣だ。

 

いつもは、やりたいことをやって、そろそろ寝ようかなと思って寝る準備して、なんだかんだそれで11時近くなって、布団に入ってウダウダしてという感じだった。

 

もう、帰ってゴハン食べ終わったら、その日は終わり。やりたいことは明日の朝に早起きしてやる!というぐらいの気持ちでいた方がいいのだ。

 

グルテンフリー生活も今日で12日目。まだまだこれからだ。まず、1つの目安としてこの生活を100日は続けよう。グルテンフリー生活と、しっかり睡眠をとる習慣。継続して初めて身体の中が新しい自分に入れ替わっていく。

 

さて、今日もがんばろう。

乾癬と付き合う

乾癬という病気と闘う。

とか、そうじゃないんだなってことを最近感じている。

乾癬は自分自身の体質。勝つとか負けるとかではない。

「点」のような一時的な出来事ではなく、

時系列を持った「線」のようなもの。

自分の体質に合った付き合い方を、

自分自身の体と向き合いながら生活の習慣として継続していかなければならない。

よく「原因がわからない」というが、

自分の食生活や生活リズム、精神的なストレスなど、

様々なものが複合的に絡み合ったものが表に出てきてしまっているのが乾癬だ。

食べるものは、「自分」が食べたいと思うものを食べるのではなく、「自分の体」は何を欲しているのかを聞いて決める。

疲れているのかな?と思ったら、いつもより早く寝てみる。

当たり前なんだけど、きっとその当たり前のことができてなかったんだと思う。

 

寝不足でもコーヒーを飲めば日中なんとかなる。

本当に眠いときは栄養ドリンクを飲んで乗り越える。

それでなんとかなった日があったとしても、

実際自分の体の中では、

気づかないうちに大きな問題として抱え込んでしまっている。

その積み重ねが病気という形になって現れてしまう。

自分の体のために、睡眠時間を確保しよう。

今日は10時に寝ます。

 

【乾癬】グルテンフリー生活10日目

昨日は友人の結婚式だった。

グルテンフリー生活10日目の自分にとって、どうなることやらと思っていたが、なんとか乗り越えた。

飲み物

披露宴の場では、乾杯の後の飲み物の注文で、「ビールの人は手あげて〜」となり、自分以外はみんな手を挙げたが、自分の意思は貫いた。ほんと、みんなビール好きだよなぁ。

僕はワイン、たまにカクテルにしときました。

食事

意外に小麦が入ってそうな食べ物は少なかった。バケットぐらいだったかなぁ。もしかしたら食材の中に潜り込んでるのがあるかもしれないけど、それはしょーがない。

先日グルテンフリーを教えてくれた方と話す機会があり、飲み会とかそういう場では、ありがたくいただきましょうという話をしていた。ま、確かにアレルギーではないし今まで散々食べていたので、多少ならいいかなとも思い、敏感になり過ぎないようにしている。

スイーツ

スイーツがビュッフェ形式だったので、超甘党の自分にとっては結構辛い…。ものすごいバリエーションがあったので、前の自分だったらウキウキして時間が許す限り食べ続けていただろう。

自分が唯一食べたのはチョコレートフォンデュ。パイナップルを付けて何個か食べた程度。周りには誘惑がいっぱいだったので、なるべくスイーツ達と目線が合わないようにしていた。

睡眠時間

昼間から飲んで楽しんで、幸せな空気を味わって、結局家に着いたのは深夜0時。睡眠時間をしっかり確保することも、乾癬を寛解していくには必要な条件なのに。そういった意味ではNGな日だった。家についてからすぐシャワー浴びて寝る用意をして布団に入ったもののなかなか寝付けず、、、結局深夜の2時ぐらいかなぁ。
楽しすぎて帰りたくなかったし、こういうお祝いの日は年に何回もあるわけではないので、今回は自分を許そうと思う。

 

今日は早く寝よう。

 

【乾癬】グルテンフリー生活8日目

昨日は会社の飲み会だった。

こういう場面での説明がなかなか大変。。。

 

飲み物編

「すみません、食べ物の制限があって、ビール飲めないんです」っていうことを、事前に何人かに話をしておくべきだった。

 

注文する場になって、ある1人が「とりあえず人数分ビールで」と注文してしまった。ワインのお店と聞いていたのだが、なかなかその場で、「すみません、ちょっとビールダメなんで、ワインにします」なんて今更言いにくい雰囲気。え、なんで?って言われてその場で説明する空気でもない。

 

というわけで、その場で何も言えず、ビールで乾杯。口をつけただけで飲んではいない。しばらくどうしようかと考えている間に、周りの人は良い勢いで2杯、3杯と飲んでいく。なかなか減らない僕のビールにツッコミが入るのは時間の問題だった。事情を説明し、じゃあ何か別のものをということで注文したのがウーロン茶だった。冷たいウーロン茶を、チビチビ時間をかけていただきました。

食べ物編

牡蠣がメインのお店だった。コースで頼んでいたので自動的に料理が運ばれてくる。初めは生牡蠣。そして牡蠣の乗ったサラダ。そこまでは良かった。その次がバゲットに乗った蒸し牡蠣。バゲットは残しました。次は牡蠣のパン粉焼き。パン粉を丁寧に剥がしていただきました。次は肉。これは普通にいただけました。最後のシメはパスタ。完全にアウト。デザートはアイスクリーム。これも今は食べないものリストに入ってるのでアウト。

一緒に同じものを食べること

結局食べたのは。牡蠣、サラダ、肉のみ。飲み物はウーロン茶一杯。んー、グルテンフリー生活とはこういうことなのか。一緒に同じものが食べられないというのはこういうことなのか。一緒に同じものを食べて、「これおいしいね」って言えること。それって関係性を深める上でとても重要なことなんだなとつくづく思った。 

事前にグルテンフリーをアピールするべきだった

友達同士の飲み会だったり、自ら食べれるものを選べるならなんとかなるが、今回は会社の飲み会ですでに決まっていたコース料理。新しく入った人の歓迎会だったたこともあり、主賓の酒や食べ物の好みでお店は選定された。かと言って、どこの店に行っても小麦が入ってない食べ物しか出ないお店なんて皆無。新人である幹事くんに「なんか、すみません・・・」と言われても、逆に謝らせてしまった僕が申し訳なくなる。せめて、事前に伝えておくべきだった。

 

みんな食べてるけど自分だけ残しているというのが、周りに気を使わせてしまうし、自分自身物足りないのもある。一緒に食事をすることができないだけで、こんなに虚しくなってしまうもんなんだな。続けることの大変さもあるが、こういう周りの理解だったり、逆に気を使わせてしまったりということの方が大変かもしれない。

 

とりあえず1週間は続いた

ちゃんと効果が出るまで、手応えがあるまではストイックにやっていきます。ある程度乾癬の程度も良くなれば、たまのそういう外食で解禁するものアリだと思う。そのときを目指して、コツコツ続けていきます。

グルテンフリー生活6日目

寝起きの良さ

グルテンフリー生活を始めてもう少しで1週間ぐらい経つ。

乾癬はまだ変化なしだが、最近朝起きるのが楽になった気がする。

単に生活リズムが安定していたからなのか、グルテンフリーの効用なのか、はたまた春になって暖かくなったからなのか、もうちょっと続けてみなければわからないが、ここ数日朝の目覚めが良いのだ。

 

寝る前のシャワー

やはり、寝る前にはサッとシャワーを浴びた方が良さそうだ。日中の痒みが以前より少ない気がする。ただ、鱗屑の剥がれをあまり気にしないように意識しなければならない。じゃないとシャワーを浴びながら無意識にふやけた鱗屑を擦ってしまう…。

 

オートミール

最近ついつい食べてしまう。定番はバナナとミルクとドライフルーツ入れてレンチン。たまにココアを投入。甘いものも制限しているので、その反動なのか、デザート感覚で食後に食べちゃってます。

 

パン

なかなか米粉オンリーのパンって売ってないのかな?もともとパンが好きだから休日の朝食とかにはパンを取り入れたいんだけどなぁ。情報があまりないようなので、グルテンフリーを教えてくれた人に聞いてみようと思う。

 

というわけで、毎日コツコツ自分の身体の調子と向き合って、何が良いのか、何が悪いのかを観察していきます。

 

【乾癬】仮定と検証

今日はそんなに痒くない。

何が違うかな?と考えてみたところ、痒かった日の前の日は、シャワーを浴びずにそのまま寝てしまった。

仮定「夜寝る前にシャワーを浴びないと悪化する」

肌への刺激は少ない方がいいと思って、寝る前のシャワーは浴びたり浴びなかったりしていた(夏は基本的に入る)。シャワーを浴びると鱗屑がどうしても気になって剥がしちゃったりするからという理由もある。

でも、明らかに痒みの程度が日によって違う。なので、この仮定が正しいのかどうか検証をしようと思う。

【乾癬】グルテンフリー生活4日目

痒みが和らいだのは気のせい?

今日は痒い…。

背中と髪の毛の生え際がムズムズ。

昨日はそうでもなかったんだけど、なぜだろうか。

痒くなった原因が食べ物なのか、他の要因なのか。食べ物だとしたら何が悪さをしたのか、逆に何が良かったのか。食べ過ぎたのか。

仮定と検証の繰り返しをしていくことになる。

考えすぎるのもストレスになり良くないと思っていただけに、こういうことは今まで全く意識したことがなかった。。。 

食事のバランス

朝はオートミール、昼は野菜炒め、夜は玄米ごはんと何かしらのおかず。このまま同じ食事だと完全に栄養が偏ってしまう。バランスを考えた食事にしていかなきゃいけない。

取り入れたい食事

魚が食べたいな。魚焼きグリルがうちにはないので、別の調理の仕方で何か考えよう。週に1回でも2回でも魚を入れていければなぁ。

麺類は基本的にNGだが、フォーなら食べれる。というわけで帰りにKALDIで購入。

念のためと思いグルテンフリーのパスタがあるか聞いてみたところ、フジッリとパスタソースしかありませんでした。特に急いでないので、また違うお店で探してみることにします。

考えてみたけど、基本的に和食のバリエーションを増やしていけばいいんだな。たまーに麺がどうしても食べたくなったときにグルフリのパスタとか、フォーとかで変化をつければいいのだ。

気をつけること

カフェイン

先日夕方頃にスタバでコーヒーを飲んだら夜眠れなかった。。。カフェインってそんなに効くっけ?夕方4時以降は飲まないことにします。

食べる時間

9時以降は食べないようにしていましたが、最近寝る時間がちょっと早めになってきているので、できれば食べ飲みは8時までにしよう。お腹は空っぽにして就寝。朝起きてからはまず水分補給。

 

今日はそんな感じ。継続は力なり。毎日コツコツ、体と食を振り返ろう。